2011年03月21日

■東北・北関東大震災に寄せて

■3/11の大地震に端を発し、未曾有の危機が日本を襲っています。
 様々な意味で、「日本人の力」が試されているような気がします。

 このブログには、災害に関してTVやラジオで繰り返し流される内容以上の情報はありませんが、災害に関連して私の周りで起こったことや、マスメディアには表れない細かい情報について、あまり意見を加えずにお知らせしていこうと思います。
 
●私の仕事関連でも、仙台空港の南、荒浜地区に住んでおられた方が津波の被害に遭われたようですが、奇跡的に逃げ切れて助かったと連絡がありました。

●『ホンマでっかTV』のレギュラーでご存知の、中部大学の武田邦彦氏のブログに、化学と原子力の専門家(第一種放射線取扱主任者)として的確な意見を書かれているので紹介します。
 TVの番組は、視聴者が知りたい肝心な事、たとえば福島の原発は今後どうなるのか、などの内容に触れないように構成されていますので、とても参考になると思います。

●知人M氏からの電話で、福島原発近くの川内村から白川に避難してきたM氏の友人が、川内村は孤立している状態なので、村に連絡を取るため白川に短波帯の(アマチュア)無線機を貸してくれる人がいないだろうか、と相談を受けたそうです。
 こういう事態なので、何年も会っていないJR白川駅そばの知人を紹介しました。
(3/17 連絡が取れたそうです)

●仙台の北西に大崎市という市があり、F君という友人が住んでいるのですが、地震以来ずっと連絡が取れないので心配していました。
 昨日やっと電話がつながり、彼が今回「大崎災害FM」というコミュニティFM局を開局して運用している事を知りました。
 もともと、大崎市の市長を免許人としてコミュニティFM局の開局を申請してきたのですが、なかなか電監(東北総合通信局)の免許が下りなかったのに、災害の直後、問い合わせたら10分で免許が下りたそうです。
 現在、さっそく大崎市古川から79.4MHzで50WのFM放送で災害に関する情報発信を行っているそうです。がんばれ!
posted by 大豆マスター at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。